太宰府天満宮の参道を行き交う参拝客ら=29日午後、福岡県太宰府市

 新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が北海道や大阪府、福岡県など18道府県に追加適用され最初の週末となった29日、感染発表が最多を更新した地域もあり、飲食店や商店の関係者からは「先が見えない」といった不安や早期収束を願う声が上がった。合格祈願で例年にぎわう神社では受験生の姿が減り、代わりにお守りを買い求める家族もいた。

 学問の神様・菅原道真を祭る福岡県の太宰府天満宮。受験シーズンは例年混雑するが、関係者は「1月の土曜日にしては人が少ない。受験生は(感染に)気を付けて、来ていないのかもしれない」。

 土産物店を営む女性は「先が見通せない」と嘆いた。