2月4日に開幕する北京冬季五輪の日本選手団の結団式が29日、東京都内で行われ、選手団主将で金メダルが期待されるスピードスケート女子の高木美帆(日体大職)が「日本中へ勇気と明るさを届け、社会の未来への希望となれるよう、一丸となって全力を尽くす」と決意表明した。