大学入学共通テストの追試験会場に向かう受験生ら=29日午前、東京都台東区の東京芸術大

 大学入学共通テストの追試験が29日、2日間の日程で各地で始まった。新型コロナの感染者や濃厚接触者、その他の病気やけが、トンガ沖の大規模噴火に伴う津波の影響などを理由に15、16両日の本試験を受けられなかった受験生が対象。大学入試センターによると、追試は全国48カ所の会場で行われ、受験が許可されたのは計1659人となり、前身のセンター試験を通じて過去2番目の多さになった。

 各会場では換気などの感染対策を徹底し、15日に東大前で起きた受験生らへの刺傷事件を受けて警戒態勢を強化。本試験で出題内容の画像が流出したことから、不正行為防止に努めるよう通知も出された。