唐津海上保安部は2月1日から、小型漁船などで乗船者に着用が義務付けられているライフジャケット(救命胴衣)に関し、未着用の場合に違反点数を累積すると発表した。全国一斉に取り締まりの運用を始め、ライフジャケットの着用促進を図る。

 違反点数は2点。累積点数が3点を超えると行政処分になり、船長は最大6カ月間、小型船舶の操縦ができなくなる。

 ライフジャケットの着用は2018年2月以降、全ての小型船舶に乗船する人への着用が義務化されている。水上オートバイの乗船者▽満12歳未満の子ども▽1人乗り漁船で作業をする人▽転落の危険性がある甲板に乗船している人が対象になっている。命綱の装着や船室内にいるなどの場合は着用を免除される。

 唐津海保は「ライフジャケットを着用していれば、海中に転落した場合でも生存率が向上する。必ず着用を」と呼び掛けている。(小部亮介)