ロシアのラブロフ外相(ロイター=共同)

 【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は28日、ウクライナ情勢に関し「ロシアの側から言えば戦争はない。われわれは戦争を望んでいない」と述べ、ロシアがウクライナ侵攻を計画しているとの欧米の主張を改めて否定した。北大西洋条約機構(NATO)不拡大を求めるロシア提案への米国の回答は「合理的な内容を含んでいる」と評価。今後も外交交渉が続くとの見方を示した。ロシアのラジオ局の共同インタビューで語った。

 ラブロフ氏は、米側回答には欧州での短中距離ミサイル配備凍結など、以前ロシアが提案したが欧米側が応じなかった問題を討議する用意があると書かれていると説明した。