共謀罪の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪」の新設法案を巡る国会審議では、政府が締結を目指す国際組織犯罪防止条約の要請に応えるため、国内の法律を変えるべきかどうかが争点になっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加