人口移動報告によると、東京23区は2014年以降で初めて、転出者が転入者を上回る「転出超過」となった。超過数は1万4828人。