九州電力が28日発表した2017年3月期連結決算は、純利益が前期比7・9%増の792億円で、2年連続の黒字となった。川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の安定稼働による燃料費の削減が寄与した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加