カワラヒワ

 寒さが厳しくなってくると、野鳥たちは餌を探すのにもひと苦労です。そんな中、木の実は野鳥たちの冬の間の大切な食料になります。赤い実は見た目がおいしそうで、さぞかし野鳥に好まれるのかと思いきや、同じ赤い実でも鳥たちの好き嫌いがあるようです。

 真っ赤な実をつけるピラカンサやナンテンなどはすぐになくなってしまいますが、反対に、たくさんあるのにいつまでたってもなくならない赤い実もあります。その代表が街路樹や公園によく植栽されているクロガネモチの赤い実です。

 この木にカワラヒワの群れがいて実を食べているのを見かけたのですが、「あんまりおいしくないんだけどなあ」とでも言いたげな顔で、もそもそとクチバシを動かしていました。きっとあんまり好きじゃないんですね。

(中村さやか・日本野鳥の会佐賀県支部)