【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は26日、3月の金融政策を決める会合で事実上のゼロ金利政策を解除し、利上げする意向を示した。量的引き締めといわれるFRB保有資産の縮小にも早期に取り組む方針を表明した。