アルペンスキーの日本選手でただ一人、冬季五輪入賞とワールドカップ(W杯)のメダル獲得を達成した男子の湯浅直樹(38)=シーハイルアカデミー=が27日、東京都内で会見して今季限りでの引退を発表し「心からやり切ったと、全力で戦ったと胸を張って言える」と感慨に浸った。