濱口竜介監督

 2月10日に開幕する第72回ベルリン国際映画祭の事務局は26日、最高賞(金熊賞)を競うコンペティション部門の審査員の一人に濱口竜介監督を選んだと発表した。

 審査員長はM・ナイト・シャマラン監督。昨年の同映画祭で、濱口監督は「偶然と想像」で審査員大賞(銀熊賞)を受賞している。

 濱口監督は「ドライブ・マイ・カー」で昨年、カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞。同作品は、今年1月のゴールデン・グローブ賞で非英語映画賞に選ばれた。米アカデミー賞でもノミネートされる可能性があり、注目が集まっている。