県内の新型コロナ感染者状況(1月26日現在)

新型コロナの県内感染者数(1月26日現在)

 佐賀県は26日、426人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。1日当たりの感染者数としては25日の323人を上回って過去最多で、初めて400人台になった。健康増進課は「一つ一つの感染の連鎖を食い止めたい」と強調し、県民に感染予防策の徹底を呼び掛けた。

 感染が確認された426人のうち、既に把握している陽性者と関連がない新規は過去最多の177人に上った。市町別では多い順に佐賀市124人、唐津市80人など。年代別では10代が21%で最も多い。

 年明け以降の感染急増に伴うクラスターは33件に上る。このうち、鹿島市の織田病院など5件で新たに8人の感染が判明した。

 重症者はゼロで、県内での感染確認は延べ9443人になった。病床使用率は全体が前日比2・4ポイント減の35・0%で、中等症患者用は51人分、9・4%が使用されている。療養ホテルの使用率は0・9ポイント増の39・0%で、自宅療養者は100人増えて1531人になった。(円田浩二)