控訴審判決を受け、記者会見する伊藤詩織さん=25日午後、東京都千代田区

 ジャーナリスト伊藤詩織さん(32)が性暴力で身体的、精神的苦痛を受けたとして、元TBS記者山口敬之さん(55)に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は25日、一審判決と同様に「合意を得ることなく性行為に及んだ」と認定し、山口さんに332万円余りの支払いを命じた。

 一方、伊藤さんが著書などで山口さんに薬物を使われた可能性があると記したことに「真実性が認められず、名誉毀損に当たる」とし、伊藤さんに55万円の支払いを命令。山口さんは1億3千万円の損害賠償を請求し、一審判決は「名誉毀損に当たらない」と退けていた。