【ワシントン共同】米国防総省のカービー報道官は24日の記者会見で、緊迫するウクライナ情勢を巡り、北大西洋条約機構(NATO)が即応部隊の稼働を決めた場合に備え、米軍約8500人が米本土で派兵待機中だと明らかにした。