■知見求め、松陰ら往来 あかぎれで痛む足をさすりながら、その若者はかごに揺られていた。 嘉永3(1850)年の暮れ。弱冠20歳の長州藩士、吉田松陰は佐賀城下を目指していた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加