厚生労働省は24日、新型コロナウイルス感染者が出たために全面休園している認可保育所や認定こども園などが、20日時点で少なくとも27都道府県で327カ所あったと公表した。オミクロン株による感染拡大が影響しているとみられ、過去最多を更新した。

 これまで最多だった2021年9月2日時点の185カ所を大幅に上回った。前回公表の今年1月13日時点は86カ所だったため、1週間で4倍近くまで急増したことになる。

 休園になると、子どもを預けられなくなった保護者の就業に影響が出る。