【モスクワ共同】ロシアがウクライナの政権を転覆させ親ロシア指導者の就任を画策しているとの英外務省発表について、最有力候補として名指しされたウクライナのムラエフ元最高会議議員は23日、ロイター通信の取材に「何の根拠もない、ばかげた話」と非難、法的措置も検討していると述べた。