将棋の第71期王将戦7番勝負の第2局で勝利し、対局を振り返る藤井聡太四冠=23日午後、大阪府高槻市(代表撮影)

 藤井聡太四冠

 将棋の藤井聡太四冠=竜王・王位・叡王・棋聖=(19)が渡辺明王将(37)に挑む第71期王将戦7番勝負の第2局は22、23の両日、大阪府高槻市で指され、98手で後手の藤井四冠が勝ち、開幕から2連勝した。

 藤井四冠は史上4人目の5タイトル同時保持を目指し、名人と棋王を合わせ三冠の渡辺王将は4連覇が懸かる。第3局は29、30日に栃木県大田原市で行われる。

 対局は藤井四冠が大長考して攻める展開に。その後も的確な指し手でリードを奪い、寄せ切った。藤井四冠は「攻める形になって好転した。第3局に向けてしっかり準備したい」。渡辺王将は「内容がよくなかった」と話した。