【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)などの研究チームは21日、ファイザーやモデルナ製の新型コロナウイルスワクチンを追加接種した場合、オミクロン株感染者の入院を9割減らせるとの研究結果を発表した。