中部大(愛知県春日井市)硬式野球部の選手らが22日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う輸血用血液の不足解消に協力するため、大学キャンパスで集団献血をした。午後にかけて70人以上が協力する予定。 愛知県赤十字血液センター(瀬戸市)によると、企業が社会貢献の一環で続けてきた集団献血がコロナ禍で減少。