金子恭之総務相は21日の記者会見で、マイナンバーカードの新規取得や健康保険証としての利用登録をした人に計2万円分のポイントを付与する事業は、カードを9月末までに申請した人を対象にすると発表した。ポイント申請は来年2月末まで。

 カードの申請が期限の直前に集中することを見越して、ポイント申請の締め切りまでに5カ月の余裕を持たせた。

 今月1日に始まった付与事業では、カードを取得し、決済サービスを選んで2万円分の買い物や電子マネーの入金をすると、5000円分のポイントが還元される。

 さらに6月ごろには、健康保険証としての利用登録と、公的給付金の受け取り用口座の登録でそれぞれ7500円分の付与を開始する。

 政府は2022年度末までに、ほぼ全ての国民のマイナンバーカード取得を目指している。