唐津市は21日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、乳幼児や低年齢の子どもが利用する児童館など4カ所を22日から休館すると決めた。設置している抗原検査センターについては、より精度の高いPCR検査への切り替えや併用を検討する。

 低年齢層での感染の広がりに加え、マスク着用やワクチン接種ができない子どもたちの感染予防の観点から、屋内の遊び場を対象にした。競艇場「ボートレースからつ」の子どもの遊び場「モーヴィからつ」も22日から当面、休館する。市の球場や体育館などの施設は、県外からの新規予約は受け付けない。

 31日までの予定で設置している抗原検査センターについては、PCR検査への切り替えも視野に延長を検討する。抗原検査は1日100人前後が受けており、これまでに3人が陽性と分かった。市は「感染者数が急増し、一般的に精度が高い検査への切り替えなどを考えている」と話す。(横田千晶)