大分、宮崎両県で最大震度5強だった地震について、気象庁は、地震の規模が基準未満だったことから、有識者を交えた「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」を臨時には開かず、毎月の定例会で関連を議論する方針とした。