与党の九州新幹線長崎ルート検討委員会の委員長に就任して間もない森山裕元農相(自民党、衆院鹿児島4区)が、整備方式の検討が続く新鳥栖―武雄温泉や佐賀県との向き合い方に関し、佐賀新聞社のインタビューで所感を述べた。発言を詳報する。(聞き手、構成・山口貴由) ―検討委員長として、どのような姿勢で臨むか。