【ニューヨーク共同】米国が20日までに、北朝鮮の一連の弾道ミサイル発射を理由に国連安全保障理事会に対北朝鮮追加制裁案を示したが、中国とロシアが留保し賛同しなかったことが分かった。外交筋が明らかにした。