【ワシントン共同】バイデン米大統領(79)は19日、就任から1年となる20日を前にホワイトハウスで記者会見した。ロシアがウクライナ侵攻に動くとの見方を示し、切迫感をあらわにした。「そうなれば、経済に深刻な代償を負わせる」と警告。