全日本空輸は18日、米国便の欠航は18日から20日にかけて最大10便が見込まれ、計約650人に影響が出る恐れがあることを明らかにした。