日銀は展望リポートで、消費者物価の先行きは経済回復などを背景に「時間はかかるものの、(日銀が目標に掲げる2%上昇に向けて)徐々に上昇率を高めていく」との見方を示した。