【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は17日、北朝鮮が同日発射した短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体の飛行距離は約380キロ、高度は約42キロだったと明らかにした。