日本航空は17日、南太平洋・トンガ沖の海底火山の大規模噴火を受けて、同日成田空港を出発しオーストラリア・メルボルンへ向かう予定だった便を欠航にしたと明らかにした。火山灰を吸い込んだエンジンに悪影響が及ぶため。