佐賀県は16日、新たに132人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日の感染者が100人を超えるのは4日連続。県内の感染確認は延べ6850人になった。

 調査中のクラスター(感染者集団)関連では、介護老人保健施設「アメニティきゅうらぎ」(唐津市)で職員1人、「小部保育園」(佐賀市)で園児2人の感染が新たに判明した。

 16日に発表した132人のうち、既に把握している陽性者と関連がない新規は43人。市町別では佐賀市と唐津市が41人ずつで最も多く、年代別では20代が最多の40人となっている。

 県内の病床使用率は前日比0・8ポイント減の25・1%、療養ホテルの使用率は3・5ポイント増の54・2%。重症者はゼロで、中等症患者が13人。自宅療養者は147人増えて293人になった。