オンライン取材に応じるサッカー日本代表の森保一監督=16日

 サッカー日本代表の森保監督が16日、オンラインで取材に応じ、1~2月のワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で、DFの吉田主将(サンプドリア)室屋(ハノーバー)や、FWの古橋(セルティック)三笘(サンジロワーズ)の招集を見送る方針を示した。故障のため。

 日本は1月27日の第7戦で中国、2月1日の第8戦でサウジアラビアを、いずれも埼玉スタジアムに迎える。右ふくらはぎ痛のDF冨安(アーセナル)は現時点では招集可能な見通しという。

 森保監督は「誰が欠けたとしても戦力としては変わらないという自信を持って最終予選に臨みたい」と話した。