ソフトバンクの甲斐拓也捕手が16日、大分市でヤクルトの嶋基宏捕手らと行っている練習を公開し、打率向上へ右方向を意識した打撃を繰り返した。嶋の提案で山なりのスローボールでロングティーを行い、フリー打撃でも引きつける打撃が目立った。「まずは打率2割8分。