「黒ごまテリーヌ」と「せなふち。クッキー」

 吉野ヶ里町のJR吉野ケ里公園駅から徒歩10分、スパイスカレーとおやつの店「せなふち。」では、酒本ちはるさん(22)が日替わりで焼き菓子やスイーツを手作りしている。中でも黒ごまテリーヌ(450円)は評判が良く、オススメの一品。

 乳脂肪分40%以上の濃厚な生クリームと練りゴマをふんだんに使いながらも重すぎない仕上がりで、酒本さんは「甘党でなくても最後の一口までおいしく味わえる」と話す。サクサク食感のクッキー生地とも相性がいい。

 新しいスイーツを毎月考案していて、常時3種類ほど置いている。「せなふち。クッキー」(110円)やマフィン(350円~)、パウンドケーキ(200円~)などテイクアウト商品もある。「お客さんが食べるとき、喜んでくれるように」と思いを込めて作っているという。

 同店は2020年にオープンし、月替わりのデザートを求める常連客も増えた。以前、佐賀市三瀬村に間借りで店を開いていて、その頃からのファンにも愛されている。

 新商品はインスタグラム(@sena_fuchi)で紹介している。1月はスイーツのみの提供で、カレー(1100円~)は2月に再開予定。姉の史ふみさん(26)が担当している。カレーもテイクアウトできる。

 

▽吉野ヶ里町吉田297-5

▽11時半~16時(L.O.15時半)

▽月・木・金曜定休

▽050-8881-5268