沖縄県で新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者を調査した結果、最も多い症状が発熱だったことが15日、県専門家会議に提供された国立感染症研究所作成の報告書で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加