佐賀県は佐賀市富士町と三瀬村の山間部に位置する県営の北山キャンプ場(約10ヘクタール)を大規模改修する準備を進めている。整備から約40年が経過し、施設の老朽化が課題になっていたため、トイレなど水回りの施設を刷新し、車での利用もしやすくする。キャンプブームやコロナ禍で変化してきた働き方など新しいニーズにも応えていく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加