佐賀県美しい景観づくり審議会(会長・大森洋子久留米工業大教授)が14日、鹿島市で開かれた。嬉野市塩田町の「志田の蔵と他建築物群」、小城市三日月町の「光栄菊酒造」を「22世紀に残す県遺産」に認定するよう山口祥義知事に答申すると決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加