鳥栖市が行う市民活動支援事業の応募団体を募るチラシ

 鳥栖市は市内で活動する市民団体に活動費などを助成する。コロナ禍の感染防止対策で従来通りの活動が制限される中、「コロナ禍だからこそ必要な活動」など自由なアイデアで情報発信や活動形態を工夫するグループの応募を呼び掛けている。

 市内に拠点がある団体が対象で、地域のさまざまな課題解決を目指す活動を助成する。

 補助は3種類あり、団体のPRや基盤強化、活動の充実を図る「スタートアップ支援」は上限10万円。社会の課題解決などに取り組み、地域に活気を与える「ステップアップ支援」は上限30万円。長期的、計画的な視野に基づく活動を対象とする「パワーアップ支援」は上限10万円を最長3年にわたり助成する。

 支援事業は2009年度に始め、来年度で14回目。これまでに49団体、86事業を支援し、本年度は子育て中の母親に息抜きの場を提供するグループや、引きこもりや閉じこもり世帯が地域に増える中、世代を超えた交流ができる居場所づくりに取り組むグループなど計6団体に贈った。

 締め切りは31日。所定の申込書や団体名簿などが必要。問い合わせは鳥栖市市民協働推進課、電話0942(85)3576。

(鳥栖支社長・樋渡光憲)

このエントリーをはてなブックマークに追加