瓜生野町を流れる水路(国土地理院明治36年地図に加筆)

 現在の鳥栖市本町は、江戸時代は瓜生野本町と呼ばれていました。現在は略して本町となっています。秋葉町は江戸時代は瓜生野今町でした。

 この瓜生野町にいつ通したか不明ですが、町を囲むように長方形に区画された3本の水路が見られます。現在の大正町から中央公園の池に注ぐ水路を合わせると4本の水路が南北に走っています。

 人通りが多い町中に水路があるのは危険です。とりわけ子どもにとっては溺れる可能性大です。なのに、なぜ水路があるのか、不思議に思います。

 昔、瓜生野町は藤木村の枝町でした。したがって、町を流れる水路はすべて南の藤木村の水田に向かいます。と同時に、この水路は町の人々にとっても大切な生活用水であり、防火用水でした。だから市街地にも用水路を通したのでしょう。

 水路の源泉は、萱方町都谷から流れ出る轟木川と、神辺村との境界の大木交差点付近の大木川にありました。

(鳥栖郷土研究会会長・藤瀬禎博)

このエントリーをはてなブックマークに追加