昨年10月31日に投開票された衆院選佐賀2区で、自民党の古川康衆院議員への投票を呼び掛ける選挙運動を巡って報酬を支払うなどしたとして、佐賀区検は14日、公選法違反(買収)の罪で無職の女性(63)=佐賀市=を、公選法違反(被買収)の罪で支援者の映像制作業の男性(38)=同=をそれぞれ略式起訴した。佐賀簡裁は女性に罰金50万円、男性に罰金30万円と43万5千円を追徴とする略式命令を出した。

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加