答辞を述べる新成人の猪俣克哉3等陸曹(手前)ら=吉野ヶ里町の陸上自衛隊目達原駐屯地

 陸上自衛隊目達原駐屯地(吉野ヶ里町)で12日、成人式が開かれた。新成人の隊員32人が、自衛官として精進する決意を新たにした。

 式では、竹内綱太郎司令が「謙虚で素直な心で経験を積めば、未来は明るく輝かしいものになる。感謝を忘れないことも大切」と呼び掛けた。新成人を代表して猪俣克哉さんが「目標をさらに高く掲げ、平和と安定のために全力を尽くす」と述べた。

 式典後、新成人はそれぞれの抱負を壇上で発表した。「努力」を掲げた渕上菜々香さん(吉野ヶ里町出身)は「支えてくれる地域の方への感謝を忘れず、自分で限界を決めずに努力する」と語った。

 幼い頃、敬礼する自衛官の姿に憧れたという吉田源和さん(みやき町出身)は「空挺レンジャーを目指して頑張りたい」と話した。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加