Windowsの更新プログラムの話です。通常は自動更新の設定にしているユーザーが多いので知らない内に作業が行われています。Windowsプログラムの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用したサイバー攻撃による対応策としてプログラムの修正が常に行われています。その修正されたプログラムが更新プログラムです。脆弱性とは、コンピュータープログラムの不具合やミスが原因で発生するセキュリティー上の欠陥のことを言います。

 簡単に言うと、家のちょっとした隙間から泥棒が入り込み、大事なものを盗んでしまうような状況です。このような事態が常に繰り返されているので、その隙間を修繕して補強するプログラムの更新は絶対に必要です。

 ワードやエクセルなどにも同じように更新プログラムがあります。スタートボタンの「設定」から「Windows Update」の詳細オプションで「Microsoft製品の更新プログラムを受け取る」がオンになっているか、確認されることをお勧めします。(パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加