4月17日告示、24日投開票の鹿島市長選への立候補を表明している新人で鹿島市議の松尾勝利氏(67)=井手=が11日付で議員を辞職した。市議会(定数16)の欠員は2となり、市選管によると、市長選と同日程で実施される市議補欠選挙の被選挙数は2になった。

 市議会は2020年に髙松昭三議員が亡くなり、欠員が生じていた。市長選を巡っては、新人で市議の稲富雅和氏(48)=常広=が立候補を表明しており、稲富氏が告示日前までに市議を辞職した場合は欠員3となり、補選の被選挙数も3になる。(中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加