唐津市南城内の旧大島邸で29日、開館を記念し、宗〓流、裏千家、表千家による「三流派合同茶会」が開かれた。移築復元された明治中期の和風邸宅は茶室棟を備えており、約200人が茶文化を空間とともに楽しんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加