コロナ禍でも、自由な発想で新たな世界を切り開いていく芸術家たち。佐賀をけん引する若手文化人3人に、2022年にかける思いを聞いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加