始業式で、電子黒板を通じて話を聞く子どもたち=佐賀市の新栄小

 佐賀県内の多くの公立小中学校で11日、3学期の始業式が行われた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、リモートで実施するなど各校で対策が講じられた。児童生徒は久しぶりに級友と再会し、教室に笑顔が戻った。

 佐賀市の新栄小は、年明けに急きょ始業式の方式をリモートに変更した。昨年末の2学期の終業式は体育館で行っていて、西村真二教頭は「1年ぶりに顔を合わせて集会ができて安心したところだった。始業式も体育館でと思ったが、やむを得ない」と話した。各学年が集まることで上級生の聞く姿勢やあいさつの仕方を下級生が学んでいることなども実感したという。

 始業式では、和泉秀浩校長が各教室の電子黒板を通じて「3学期は自分の自慢できるところを見つけてください。気持ちを切り替えて頑張っていきましょう」と呼び掛けた。石けんを使った手洗いや小まめな換気などの感染対策を継続するよう促す場面もあった。

 教室では、子どもたちが声を弾ませながら談笑する様子が見られた。3年の森奏心(かなみ)さんは「冬休みはいとこに会えたことがうれしかった。新しい年になって最初の集会だし、きちんとみんなで集まりたかった」と残念がった。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加