人を後ろ手に抱えて走る、両手両足を地面に付けた2人が背中を向け合って両足をひもで結んで-。七転八倒しながらゴールを目指す、それが体育祭で披露される有工名物「珍代五種(ちんだいごしゅ)」だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加