鹿島市長選への立候補を表明する稲富雅和氏=鹿島市民交流プラザかたらい

 鹿島市議の稲富雅和氏(48)=常広=が10日、市内で記者会見し、4月24日投開票の鹿島市長選に無所属で立候補すると正式に表明した。「人口減少など重要な課題が多くある中で、鹿島市を県南西部の拠点都市として再生させたい」などと述べた。

 稲富氏は、これからの10年、20年先を見据えた鹿島のまちづくりを進めたいという思いから出馬を決意したと説明した。地域資源を生かしたイベントなどを引き継ぎつつ「デジタル・トランスフォーメーション(DX)など新たな観点からのまちづくりも不可欠で、スピード感を持って取り組みたい」と強調した。

 市長選には、新人で市議の松尾勝利氏(67)=井手=が既に出馬を表明し、選挙戦になる公算が大きくなっている。現職の樋口久俊氏(75)=3期、音成=は立候補しない考えを示している。(中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加