大隈重信侯の墓に参拝する、坂井英隆佐賀市長(右)と山口祥義知事(中央)=佐賀市赤松町の龍泰寺

大隈重信侯の墓に参拝する参列者=佐賀市赤松町の龍泰寺

大隈重信侯の墓に参拝する参列者=佐賀市赤松町の龍泰寺

 明治から大正期にかけて内閣総理大臣を二度務め、早稲田大の創設者として知られる大隈重信(1838~1922年)の命日に当たる10日、佐賀市赤松町の龍泰寺(雲山智行住職)で101回忌法要が営まれた。没後100年の節目に、早稲田大や行政、地域の関係者ら約50人が参列し、通貨「円」の制定や鉄道敷設など、日本の近代化を推し進めた大隈侯の遺徳をしのんだ。

 法要では本堂で読経と焼香があり、早稲田大出身で薩摩琵琶奏者の北原香菜子さんの演奏もあった。参列者は境内にある大隈侯の墓所にも参拝した。

 法要を主催した大隈重信記念館保存会の理事長を務める坂井英隆佐賀市長は「大隈侯が築いた近代化の礎が、現代まで脈々と受け継がれていることを誇らしく思う。その精神を子どもたちにも伝える取り組みをしていく」とあいさつした。

 来賓として参加した山口祥義知事は、県が展開している顕彰事業「大隈重信100年アカデミア」に触れ、「100年を節目に、皆さんとさらに大隈侯の偉業を伝え、世の中を明るくするために役立てたい」と話した。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加